ハイブリッド式加湿器のおすすめ10選!特徴や人気の理由をわかりやすく解説。

 

加湿器の種類の中でも人気の高い「ハイブリッド式加湿器」ですが、この加湿方式の特徴を詳しく知っているでしょうか。そこで、ここでは「ハイブリッド式加湿器」のメリットやデメリットを詳しく紹介していきます。

ハイブリッド式加湿器のメリット

加湿性能が高い

ハイブリッド式は気化式とヒーター式を合わせて、水を含んだフィルターに温風を当てる「温風気化式」によって加湿を行います。これによって気化式の弱点であった加湿スピードなどの加湿性能を「温風気化式」によってカバーすることができて、「パワフルですばやい加湿」が可能になっています♪

電気代が安い

湿度が低い場合には「温風気化式」、ある程度の湿度を保ちたい場合には通常の「気化式」など、部屋の状態によって使い分けることができるので余分な電気代を使うこともありません。パワフルでありながら、電気代も抑えることができるので家庭にも優しいですね♪電気代についても以下で解説しているので参考にしてみてください。

蒸気や吹出口が熱くならない

スチーム式の弱点である「吹出口が熱くなる」という点も気化式のファンによる温風で加湿するので、吹出口が熱くなる心配はありません。また、蒸気も熱くはならないのでお子さんのいる家庭でも安心して使用することができます。

ハイブリッド式加湿器のデメリット

価格が高いものが多い

性能が高いものが多いため、他の加湿方式の製品と比べると少し価格が高く感じてしまうかもしれません。ただし、性能や安全性を考えると高すぎることはなく、しっかりと機能する加湿器が欲しいという方にはハイブリッド式がおすすめです♪

お手入れの手間がかかる

ハイブリッド式の加湿器は、気化式と同じでフィルターの掃除や交換のお手入れが必要になります。大体「1週間に1回程度」を目安にフィルターに付いたホコリなどを掃除機でキレイにしたり、トレイを掃除したりすることをおすすめします!また、製品ごとにお手入れの方法やかかる手間が変わってくるので、製品のお手入れに関しては事前にチェックしておきましょう。

加湿器の電気代【加湿方式別】

加湿器の中でも加湿方式によってかかる電気代は大きく変わります。実際にハイブリッド式加湿器を使った場合に電気代がどのくらいかかるか気になりますよね。以下ではそれぞれの加湿方式別でかかる電気代の目安を紹介しているので、参考にしてみてください♪

【種類別の電気代の目安】
ハイブリッド式(スチーム式・気化式):約4.8円/時間
ハイブリッド式(スチーム式・超音波式):約1.6円/時間
スチーム式:約7.2円/時間
気化式:約0.72円/時間
超音波式:約0.9円/時間

ハイブリッド式加湿器のおすすめ10選!

ダイニチ ハイブリッド式加湿器 HDシリーズ HD-5015-A

ハイブリッド式の加湿器の中でも静音性が特徴のダイニチの製品です。ホワイトを貴重としたデザインが人気で、お部屋を清潔感のある雰囲気にしてくれます。お手入れのタイミングを知らせてくれる「お手入れサイン」が搭載されているので、お手入れのし忘れも防ぐことができます!さらに、抗菌加工されたのトレイやフィルターを使用しているのでいつでも清潔な状態で使用することができます。価格が安いのも特徴的でコスパ重視で選びたい方にとってもおすすめの商品です♪

《基本情報》
・サイズ:高さ375×幅375×奥行190mm
・本体重量:4.8kg
・消費電力:163W
・容量:4.0L
・適用床面積の目安(木造和室):〜8.5畳(14㎡)
・適用床面積の目安(プレハブ洋室):〜14畳(23㎡)
・最大加湿能力:500mL/h

シャープ ハイブリッド式加湿機 HV-G50-W

加湿器での中でもハイブリッド式を主力とするシャープの製品です。「お手入れのしやすい設計」が特徴的で、カビやすい給水タンクや吹出口が広くなっているので、手が届きやすく掃除がラクラク!さらに収納時にフィルターを乾燥されることのできる「フィルター乾燥機能」が搭載しているので、冬場以外で収納する時に清潔な状態で保つことができます。シャープ独自の「プラズマクラスター」も搭載されているんで加湿と合わせて空気の浄化も行ってくれる優れもの。ハイブリッド式加湿器の中でも安定して人気の高いおすすめ商品です♪

《基本情報》
・サイズ:38.5×17×37.2cm
・本体重量:4.4kg
・消費電力:約190W
・容量:約4.0L
・適用床面積の目安(木造和室):〜8.5畳(14m²)
・適用床面積の目安(プレハブ洋室):〜14畳(23m²)
・最大加湿能力:500ml/h

山善 ハイブリッド式加湿器 KH-J302

「パワフルモード」や「エコ運転」などの5つの運転モードを搭載しているハイブリッド式加湿器なので、あらゆる用途に合わせて使用することができます。さらに倒してしまった時でも自動で運転を止めてくれる「転倒OFF機能」も付いているので、お子さんがいる家庭でも安心して使用することができます。また、就寝時にも使える「切タイマー」や湿度を確認できる「湿度表示ランプ」も搭載しているので使い勝手もバッチリ。お子さんがいる家庭にぴったりの商品です♪

《基本情報》
・サイズ:幅32.8×奥行16×高さ37.1cm
・本体重量:3.6kg
・消費電力:340W
・容量:3.0L
・適用床面積の目安(木造和室):約8畳
・適用床面積の目安(プレハブ洋室):約13畳
・最大加湿能力:450ml/h

アイリスオーヤマ 気化ハイブリッド式加湿器 EHH-500-H

室温・湿度を測定して湿度を一定になるように加湿量を自動調整してくれるので使いやすく人気が高いです。また、35db以下の運転音で使用することのできる「静音モード」も搭載しているので、就寝時でも運転音を気にすることなく使用できて寝室用や子供部屋にもぴったり!使用する電気量を抑える「エコ運転」では電気代を約96%カットすることができるので、加湿器を使用する際の電気代が気になる方にもおすすめのハイブリッド式加湿器です♪

《基本情報》
・サイズ:幅約37.4×奥行約20.8×高さ約37.6cm
・本体重量:5.4kg
・消費電力:220W
・容量:約5.0L
・適用床面積の目安(木造和室):8.5畳
・適用床面積の目安(プレハブ洋室):14畳
・最大加湿能力:500ml/h

ダイニチ ハイブリッド式加湿器 RXシリーズ HD-RX716-T

大型タンクでありながら「おやすみ加湿」や「のど・肌加湿」などの様々な機能を搭載した機能性も兼ね備えたダイニチの「RXシリーズ」の加湿器です。持ち運びも気軽にできる「カンタン持ち運びハンドル」が付いているので、部屋間の移動もラクラク。就寝時には表示パネルの減光や13dBという最小限の運転音に抑えながらしっかり加湿することができるので、寝室に置く加湿器をお探しの方におすすめのハイブリッド式加湿器です♪

就寝時に

《基本情報》
・サイズ:高さ375×幅375×奥行210mm
・本体重量:5.1kg
・消費電力:290W
・容量:6.3L
・適用床面積の目安(木造和室):12畳まで(20㎡)
・適用床面積の目安(プレハブ洋室):19畳まで(32㎡)
・最大加湿能力:700ml/h

ドウシシャ mood タワー型ハイブリッド式加湿器 MOD-KH1504 NWD

ハイブリッド式加湿器の中でも特にデザイン性の高さが特徴的なドウシシャの「mood」。スリムで場所を取らないタワー型でおしゃれなデザインは部屋に置いておくだけでインテリアとしてもぴったりです!リモコン操作も可能なので、部屋のどこにいても運転切り替えが可能で使いやすいです。また、アロマ機能も搭載しているのでお好みのアロマの香りを部屋中に広めることができて、雰囲気作りにも最適です。おしゃれな部屋に置くデザイン性の高い加湿器をお探しの方におすすめです♪

《基本情報》
・サイズ:幅約23×奥行約23×高さ約86.1cm
・本体重量:2.3kg
・消費電力:80W
・容量:2.6L
・適用床面積の目安(木造和室):8.0㎡
・適用床面積の目安(プレハブ洋室):14.0㎡
・最大加湿能力:300ml/h

ドウシシャ ピエリア ハイブリッド式加湿器

5000円台で購入することができる安さが特徴のハイブリッド式加湿器です。コンパクトながらも最大約350ml/hの大容量な加湿量で10畳までの加湿が可能です。アロマにも対応しているので、部屋中を好きな香りにすることもできます!

さらに3種類のカラーバリエーションもあり、お部屋に合ったデザインを選ぶことができます。予算をできるだけ抑えて選びたいという方にぴったりのおすすめ加湿器です♪

《基本情報》
・サイズ:幅30.5×奥行14.3×高さ24.7cm
・本体重量:1.7kg
・消費電力:85W
・容量:3.0L
・適用床面積の目安(木造和室):6.0畳(10㎡)
・適用床面積の目安(プレハブ洋室):10畳(16㎡)
・最大加湿能力:350ml/h

ドウシシャ ピエリア ハイブリッド式加湿器 KHR-501 NWD

木目調のおしゃれな見た目が特徴的なハイブリッド式加湿器です!湿度センサーを搭載しているので、お部屋の状況を簡単に確認することでできて、加湿量の調整もしやすい!5.5Lの大容量タンクを搭載しているので、広いお部屋でも十分に加湿することができます。軟水化カートリッジやアロマケースも付いているので様々な使い方をすることができます!インテリアとしてお部屋に置くのにもぴったりな加湿器です♪

《基本情報》
・サイズ:幅24.0×奥行24.0×高さ34.0cm
・本体重量:2.5kg
・消費電力:82W
・容量:5.5L
・適用床面積の目安(木造和室):8.5畳
・適用床面積の目安(プレハブ洋室):14.0畳
・最大加湿能力:約500m/h

AL COLLE ハイブリッド式加湿器 ASH601K

ヒーター式と超音波式を合わせたハイブリッド式の加湿器です。湿度を40%~80%の間で設定することができ、設定湿度に達すると自動で止まるようになっているため、カビなどの原因となる過加湿も防ぐことができます。さらに「マイナスイオン」や「活性炭フィルター」などを搭載していることによっていつも綺麗な蒸気を発生させることができて清潔!リモコン操作やアロマ対応などもあって使い勝手も抜群ですよ♪

《基本情報》
・サイズ:幅190×奥行275×高さ325mm
・本体重量:2.6kg
・消費電力:100W
・容量:6L
・適用床面積の目安(木造和室):8.5畳
・適用床面積の目安(プレハブ洋室):14畳
・最大加湿能力:500ml/h

ドウシシャ カモメ ハイブリッド式加湿器 KKHQ-651C

通常の加湿機能だけでなく、二酸化炭素ガスによる浮遊ウイルスや菌などの空間除菌も合わせて行うことができる高機能なハイブリッド式加湿器です。ファンにはカモメ羽根を使用しているので遠くまで風を送ることができて、サーキュレーターとして使用することができます。加湿機能だけでなく、空気をキレイにする機能も兼ね備えているのでどんなお部屋にも使用することができて、お子さんや高齢者の方がいる家庭にもおすすめの加湿器です♪

《基本情報》
・サイズ:幅33.5×奥行34.5×高さ39.0cm
・本体重量:約3.6kg
・消費電力:135W
・容量:3.0L
・適用床面積の目安(木造和室):10.8畳
・適用床面積の目安(プレハブ洋室):18.4畳
・最大加湿能力:650ml/h

ハイブリッド式加湿器のおすすめメーカー

ダイニチ

ダイニチの加湿器は、ハイブリッド式の中でも業界トップクラスの「静音性」が特徴です。また、20畳以上の大きな部屋に対応している機種も多く、広い部屋でも使用することができます!寝室や子供部屋などの静かな場所で使用するハイブリッド加湿器をお探しの方におすすめのメーカーです♪

シャープ

シャープの加湿器は、ハイブリッド方式のものが主力でタンクの給水口が広いなどお手入れのしやすさい設計が特徴的。また、シャープ独自の「プラズマクラスターイオン」を搭載しているので空気中の菌を除菌・分解することができます。カラーバリエーションも豊富で、ハイブリッド式の加湿器をお探しの方にぴったりのおすすめメーカーです♪

加湿器の選び方

「適用畳数」をチェックする

適応畳数は部屋より「少し大きめ」がおすすめ!

適応畳数とは、その製品が「室温20度の部屋を湿度60度」に保つことができる部屋の広さを表します。この適応畳数が大きいほど1時間の加湿量が多くなります。

加湿器を選ぶ際には、適応畳数の少し大きめの製品を選ぶことをおすすめします!なぜなら、大きめにすることでより短い時間で部屋を加湿することができます。さらに、加湿時間が短くなることで電気代を抑えることができて一石二鳥です♪木造和室などの場合も加湿されにくいので、少し大きめの適応畳数のものがおすすめです♪

ただし、大きすぎると過加湿になり、カビなどの原因になってしまうので注意しましょう。

「機能」をチェックする

タイマー機能

時間を決めて電源のオンオフを切り替えることのできる機能です。帰宅や就寝の時刻に合わせて設定して置くことで、部屋にいる時に常に加湿されている状態を保つことができます。

イオン発生機能

加湿をしながらイオンを発生させることで空気を綺麗な状態に保つことができる機能です。肌の保湿などにもぴったりですね。「シャープ」や「パナソニック」の製品によく使用されています♪

湿度調節機能

部屋の状態をセンサーによって感知し、それに合わせて加湿を行うことで最適な部屋の状態にしてくれる機能です。細かい設定を行う手間が減るので、便利なおすすめ機能です♪

アロマ対応

主に超音波式の加湿器に搭載される機能で、タンクの水にアロマ液を混ぜることで加湿の際にアロマの香りがする蒸気を部屋全体に広めることができます。この機能が搭載されていることで、加湿器としてだけでなくアロマディフーザーとしての役割もすることができます。

最後に

いかがでしたか。ハイブリッド式の加湿器について詳しくわかりましたでしょうか。ヒーター式と気化式のいいところを集めたハイブリッド式は加湿性能や安全性が高いだけでなく、静音性にも優れた製品が多く、寝室や子供部屋に置く加湿器としてもおすすめです♪ぜひ今回紹介した商品や選び方などを参考に生活スタイルやお好みに合った加湿器を探してみてください!

加湿器に関するもっと詳しい記事はこちら!

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*